「地鎮祭」するべき?しなくてもいい?

アイキャッチ画像

 

こんにちは。

ハマホーム株式会社 佐藤です。

今回は地鎮祭についてのお話です。

 

★地鎮祭とは?★

地鎮祭とは、新しく建物を建設する前に行い、その土地を守る氏神様に土地を利用させてもらう許可を得て、
安全・安心に暮らしていけるよう願う儀式です。

地鎮祭には二つの意味があり、
・工事の安全を祈る
・住む人の繁栄を祈る
ことを目的としています。

日本書紀にも記されている伝統的な風習であり、現在も日本全国で受け継がれています。

方式は神式が一般的になっていますが、宗教によって仏式やキリスト教式で行われることもあります。

ハマホームの営業スタッフも今年1月に地鎮祭を執り行いました!

 

★地鎮祭必ずやらないといけない?★

地鎮祭には義務はなく、施主様のご希望で行うものになります。

ハマホームでも施主様のご希望に沿っています。
あまり大げさにしたくないという方や、昔ながらの習慣ではあるためそこまで
こだわりを持たない方も増えているようです。

また、地鎮祭のほかにも上棟した際に行う上棟式、建物が完成してお引渡し前に行う竣工祭
と違うタイミングで行える祈祷もあるため、地鎮祭にこだわる必要もないといえます。

しかし、一生に一度といっても過言でないマイホームが建つ土地で、
ご家族の繁栄と安全安心な暮らしを祈る儀式というのも感慨深いものですよね😊

マイホームをご検討の際は、地鎮祭のことも視野に入れてご家族ではなしあってみてください♪